かに道楽のこだわり

かにの美味しい見分け方を紹介

色つやで選ぶ! 色つやで選ぶ!!


赤味(朱味)の鮮やかなものは良く、黒味をおびて、しずんだ色をしているものは鮮度が悪い"かに"です。

※甲羅の乾いているものは茹ですぎか古いものです。



重量感のあるものを選ぶ!! 重量感のあるものを選ぶ!!


手で持ってみて小さくてもズッシリ重みのあるものは、身がよくつまっていて良質です。



甲羅の硬さで選ぶ!! 甲羅の硬さで選ぶ!!


甲羅や脚のやわらかい物は、脱皮した後の"かに"で身があまり入っていません。 指で軽く押さえてみると汁の出る物がありますが、これは茹でが足りないか、若い"かに"か、古くなっている場合が多いようです。



手触りで選ぶ!! 手触りで選ぶ!!


手でさわってみて「ぬるっ」としている物、また、腹部を嗅いで異様な臭いのする物は、腐敗または腐敗寸前です。



「かにみそ」の状態で選ぶ!! 「かにみそ」の状態で選ぶ!!


「かにみそ」の良いものは、"かに"の腹部が白く、黒味がかった色をしている物は"みそ"が少なく、"みそ"が少なく、"みそ"自体も美味しくありません。



かに道楽看板料理「かにすき」の美味しさの秘密

もともと「かにすき」とは、日本海の漁師たちが採れたての魚介を漁の合間に豪快に塩水で煮て食べた「沖すき」をヒントに『かに道楽』が創作した料理です。
「かにすき」の鍋出汁は、かに道楽のオリジナルの秘伝の白しょうゆ出汁で作ります。
「かにすき」の秘伝の出汁は"かに"の純粋な味わいを楽しんでいただきたいと思いから考案したものです。 秘伝の出汁は、厳選された昆布・カツオから取った一番出汁に、「かに道楽特選白しょうゆ」(濃縮出汁)を合わせてできあがります。 できあがった「かにすき出汁」は、"かに"本来の甘味を際立たせる塩加減の繊細な旨味を引き立たせ、あっさりとしていますが深みのある味わいです。



鍋が沸騰したら、煮えにくい野菜を入れ、"かに"の身は、表面が白く膨らんできたら食べ頃です。
煮すぎると"かに"の身が固くなりますので、お召し上がりになる量を、その都度鍋に入れてお楽しみください。

絶賛!鍋後の雑炊もおすすめです。
お鍋の最後には、素材から溶け出した旨味が詰まっている出汁での雑炊は絶品です。満腹でも不思議といくらでもお腹に入りますので、ぜひおすすめします。


かに道楽の看板料理。かにすきの写真2

かに道楽で使用しているかにの漁場

かに道楽で使用しているかには、タラバかに(年間約300トン)。 ズワイかに(年間約2,000トン)。毛かに(年間約20トン)の3種類。
その漁場は、日本海からオホーツク海、アラスカまで、広範囲に広がっています。


かに道楽で使用しているかにの漁場の写真





商品を検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名、商品コードで検索

買い物カゴを確認する

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

今月のイチオシ!

かに道楽 プレミアム通販 限定かにステーキ

お急ぎの方はコチラ!直接通販サイトへ進む

               
  • 味の特急便
  • 味の特急便
  • オリジナル商品
  • かに道楽のこだわり白しょうゆだし
  • かに道楽のこだわりぽん酢
  • かに道楽のかに酢
  • かに道楽の濃厚かにみそ
  • かに道楽の旨味凝縮かに雑炊
  • かに道楽の人気グルメセット
  • かに道楽のグルコサミン加工食品かにぐるこ
  • かに道楽のかにみそドレッシング
  • かに道楽のワイン道楽
  • 通販人気ランキングTOP5
  • かに道楽-総合トップ-店舗のご案内
  • 城崎マリンワールド
  • 城崎 日和山温泉 ホテル金波楼

5000円以上(税込)お買い求めの方は、送料弊社負担

その他の方は5000円(税込)未満の場合一律600円。

このページの先頭へ